建設業も工業の一つ

工業としての建設業とは

工事も建設業の一つであり工業

工業といえば工場の中で行われているものを想像しがちですが、近所を歩いているときにときどき見かける工事現場、あれも建設業という立派な工業です。昔ながらの建設方法ではその場で木材を切ったりして家や他の建築物の材料を作ったりしていました。しかし、今では工場で作った部屋の一室をそのままトラックで運んできて組み立てる、という方法がとられています。工事現場も昔とは変わって進歩してきているのです。もちろん昔からの職人さんたちが作る建築物や建築法を守ること大切ですが、建設するものによってやり方を新しくしていくこともまた大切なのです。

工業や建設業では安全管理が重要

工業も建設業も危険な作業が伴うことが多いので、共通して言えることは安全管理を徹底させることがとても重要だといえるでしょう。作業に慣れてしまうと基本的なことがおろそかになってしまい、重大な事故を引き起こすことがあるので、常に管理者の立場の人は、安全に関する意識づけを行うことが大切です。工業でも重大事故が起こることが多いので、過去の事故例などを参考にしながら、安全を第一に作業をする必要があるでしょう。ちょっとしたヒヤリを作業員同士で共通認識とすることも重要であり、管理者としては朝礼などの場で、周知を行う必要があります。

↑PAGE TOP