各種の工業との連携

日本の工業を支える建築業

現場監督は建設業工業の管理担当

建設業において現場監督とはどんな人がやっているものなのでしょうか。現場監督は実際に建設をしているわけではありません。建設の知識がない場合もあります。なぜそんなことができるのでしょう?どんな仕事をしているかといえば、工程・品質・安全の管理です。実際の建設をしている人たちを支えていると言えばわかりやすいでしょう。工業の現場には実際に作業をしている人間だけでなく外から見て管理する人間も必要なのです。そういった人たちもまた日本の工業を支えるのに必要不可欠なのです。もちろん、現場の人間との信頼関係も大切なものの一つです。

国内総生産の3割は建設業

日本における国内総生産の多くを占めるのは建設業です。インフラ整備から住宅の小さな修繕まで幅広いニーズと圧倒的な顧客数を誇り、その働き口の広さと給与の高さで求人にも人気があります。何より、長い年月その場所に存在し、多くの人に役立ち続けられるモノを作るということが最大の魅力です。過去の高度経済成長でも、今の経済でも日本を支える根幹の重要な業種でもあり、今は各種の工業と連携することで技術の進歩をいち早く取り入れ、一昔前の泥臭いイメージとは異なって、工業と共に最先端で生産性とテクノロジーを追求し続けている業種です。

↑PAGE TOP